スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

気持ちはわかる

某コミュニティーにこんな暴言があったな。
アラシックって病的なファンなのか?って。
そりゃ、shicの意味は病気ですわ。
それにarashiを重ねれば、正直微妙なニュアンスになる。
もしかしたら、メンバーの中にも違和感を覚える人がいるかもしれない。
で、アラシアンですか?
別にいいですけど。
でもね、熱狂的なファンにとってはARASHICという響きは特別だったと思うのですよ。
だって、アルバムタイトルにもなっているんですもの。
メンバー公認と考えるのが自然というものでしょう。
それを病的なファンと言われてもね。
ということで、これまで拘りの無かった私ですが、ARASHICを名乗ることにしました。
異を唱える気持ちはわかるけどね。

閉じたい気分。

一時的な感情というか、よくある話というか。
色々あって、一旦リセットしたい衝動に駆られる。
iPhoneアプリの整理をしたり、SNSの設定を見直したり。
そうすることで失うものも少なく筈。
わかっていても、リセットせずにはいられない状態。
でも、必要なんだろうね。

ところで、iPod touchに嵐の楽曲を同期してみた。
普段はT-SQUAREしか入れていないんだけど。
iPhoneには同期できないから、当面2台持ちにしようか。
そんなことを考える、3月下旬の私。
あ、消費税関係の資料も集めなくては。

ということで、一時的に「閉店ガラガラ」。
そんな気分。

顛末記。

iPhone4sを修理する予定だった。
水没を原因とするトラブルが二つ程あり、専門業者による修理により症状が改善される筈だった。
経緯はこうだ。
予めiPhone4sの症状を伝え、具体的な修理内容を確認する。
その際、修理費用が1万円になることを先方より伝えられる。
内心高いと思いつつも、長い目で見れば安いものと考え、修理を依頼することに。
ということで、指定された日時に専門店を訪ねたのだ。
店内には修理を担当する男性が一人いるのみ。
問い合わせ先が違う店舗だったこともあり、改めて修理内容を担当者に伝える。
一つは、音量ボタンが全く表示されないこと。
原因が原因だけにAppleStoreに持ちこむことも出来ず、半年以上も放置していた。
正直これだけなら我慢も出来るが、もう一つの不具合の方が私には深刻だった。
その不具合というのがバッテリーの消耗。
殆ど使用していないにも関わらず、気が付けばバッテリーが20%を切っているのだ。
既に電話としての役目は終えているとはいえ、まだまだ使い倒したいのが私の本音。
バッテリーの交換により状況が変わるならば…と今回修理を決意したのだ。
ところが、だ。
担当者から発せられたのは思いがけない言葉だった。
曰く、「無理して修理する必要はないですよ」。
理由は二つ。
一つは部品を交換したところで、音量ボタンが表示される可能性が皆無に近いこと。
もう一つは、バッテリーを交換したところで劇的な改善は望めないとのこと。
要するに、修理するだけ無駄という訳だ。
何故バッテリーの交換が無駄になるかといえば、iOSをアップデートした結果iPhone4sにかかる負担が大きくなり、結果的にはバッテリーの消耗が激しくなっているとのこと。
「本体が古いので、仕方がないのです」と言われた日には諦めるしか術がない。
結局修理を諦め、すごすごと帰宅した私。
その後iPhone4sの様子を見たところ、どうやら直前に行われたアップデートが影響したのか、以前よりはバッテリーの消耗が気にならなくなった。
結果的には良かったのだろう。

iPhone4sを修理することにした。

以前にも書いた気がするが、水没を原因とした不調に悩まされているiPhoneがある。
既にiPod touchと化しているので不自由はないものの、バッテリーの消耗が異常に早い点と音量ボタンが全く表示されない点が気になっていた。
そこで以前より修理業者を探していた訳だが、漸く重い腰を上げ、修理を依頼することを決めた次第。
まずはじめにメールで状況を説明、簡単な見積を行ってもらう。
その内容を確認した上で修理の予約を入れ、先程承諾を得た。
覚悟はしていたとはいえ、修理費用は決して安くはない。
それでも修理に踏み切ったのは「このまま放置することに耐えられなくなった」ことと「4月より消費税率が8%となる」ことが大きい。
駄目なら駄目で諦めもつくし、何だかんだいっても初めてのiPhoneには思い入れがあるのだ。
ということで、今度の土曜日に修理に行く。
所要時間は約40分。
期待に胸を膨らませつつ、近場で時間をつぶすことにしよう。

ある車内広告。

ある特定保健用食品の発売が延期されたという。
商品に記載すべき表記が抜けていた為で、それに伴い、販売促進を目的としたキャンペーンも一時中断されたとか。
ここから先はweb上で見かけたニュース記事の噂に過ぎないが、今回の延期により、既に撮影済のCMすらお蔵入りになる可能性があるとかないとか。
一ファンとしては少々さびしい気もするが、そこは「大人の事情」があると割り切るしかないだろう。
ま、どうなるかはわからないけど。

で、何故この話を取り上げたかといえば、実は地下鉄車内で意外なポスターを見かけたから。
それは発売延期となった特定保健用食品を紹介したもので、流石に車内広告までは回収出来なかったらしい。
ま、大半の消費者は発売延期の事実すら知らないだろうから、仮に広告が出されたとしても実害はないだろう。
とはいえ、発売延期となった商品を大々的に宣伝する広告が車内に提示されること自体どうかしている訳で、それを眺めていた私も正直複雑な心境。
一足先に拝むことが出来た喜びもあれば、この広告すらお蔵入りしちゃうかも…といった不安もある。
もしかしたら今日限りで車内広告すら外されちゃうかも知れない。(普通は外すか)
広告には罪はないけど、せめてもっと早い段階でミスに気付いてくれれば…と販売元を恨みたくなるのは私だけではない筈。
正直商品そのものはあまり好きじゃないけど(おい!)、無事に発売された暁には一度ぐらいは飲んでみたい。
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Archives
Recent Trackbacks
Recommend
魔女狩り (岩波新書)
魔女狩り (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
森島 恒雄
今一度読み直そうと思いまして。
或る意味、私の原点です。
Recommend
進化の存在証明
進化の存在証明 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス,Richard Dawkins
やはり書店で一目惚れ!
ユングとドーキンス、どちらを選ぶかで散々悩んだ挙げ句、二冊とも購入。
こちらから先に読むべきだったかも。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

書店で一目惚れ!
ただ、難解過ぎてなかなかページが進まない…。
Recommend
利己的な遺伝子 <増補新装版>
利己的な遺伝子 <増補新装版> (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス
旧版は既に持っていましたが、書店で見かけた際に迷わず購入。
でも、まだ読んでいない…(^^ゞ
Recommend
利己的な遺伝子
利己的な遺伝子 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス 日高 敏隆 岸 由二 羽田 節子 垂水 雄二
文系の私には理解出来ない部分も多々ありますが、それでも楽しめた一冊でした。
現在は絶版のようです。
Profile
Links
Other
Sponsored Link