スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

止めないよ。

つい先日まで、Blogを整理するつもりでいた。
このBlogは残す予定でいたけど、他の放置Blogは…。
でも、気が変わった。
細々と管理するよ。
中々投稿出来ないけど、大切にするよ。
そう思えた。
因みに、画像の挿入しやすさの点ではAmebaが一番かも。
あんなに楽とは思わなかったけど、彼処をメインにする気になれず、此処にいる。
というか、画像を挿入することの方が少ないけどね。

アドレス変更しました。

多分、不要な連絡と思いつつ(^_^;)
私のプライベートアドレス(Yahoo)を知っている皆様、この度アカウントを変更しています。
新しいアドレスが必要な方は何らかの手段で連絡してください。
あ、面識のある人に限りますけど。

論拠は何処ですか

前回の記事で、紅白の演出に纏わる話を書いた。
今日はその続き。
案の定、問題のブログ主はNHKが視聴者からのクレームに反応、演出を変更したと書いている。
既にアカウントごと削除したので確認は出来ないが。
仮にそれが事実として、そういった情報は何処から入手したのやら。
まさか2ちゃんねるとか言いませんよね。
他にも突っ込みどころはあるけど、この輩の特徴は情報源を明確に出来ないこと。
芸能関係者であれば多少のルートがあるだろうけど、一ファンがまともな情報を入手出来るとは正直思えない。
要するに、信憑性に欠けるのだ。
しかし、それを鵜呑みにする輩は名指しで演出担当のメンバーの悪口を書く始末。
その時点で、レベルの低さが露呈している。
そりゃ、紅白の演出には言いたいことはある。
あるけど、一タレントの意見がそのまま演出プランとして通る程現場は甘くないよ。
コンサートじゃあるまいし、NHK側からの提案を元に考えた可能性も否定出来ないと思うのだが。
結局、どんな情報も自分の都合のいいものに変換してしまうのだろう。
こういう人には何を言っても無駄。
そう悟った私はアカウントを捨てた。
もっと早くに決断すべきだった。

言葉は選ばないと。

紅白を見ていた。
過剰な演出を批判する声も幾つかみた。
納得出来るものもあったが、ここぞとばかりに個人攻撃をしていたブログ記事を見た時の憤りは未だ消えていない。
ただ、実際の演出を見て杞憂だと思った。
Web情報を鵜呑みにして、口汚く批判していた方が恥ずかしい行為なんだと気付いたから。
本気で批判するには、その物事に飛び込まなければならない。
形はどうあれ、実態に触れなければならない。
誰かが流した情報を無条件に受け入れてはいけない。
そんな当たり前のことに気付かせてもらえた。
そういう意味で、良い年末だった。

多分自分の為のリンク。(webサイトを立ち上げました)

以前から存在するwebサイトとは別に、「嵐の前の静けさ」なるサイトを立ち上げました。
といっても、トップページしか存在しない、簡易なサイトであります。
何だかんだであちらこちらに散在してしまったブログを一か所にまとめ、必要に応じてアクセス出来れば…といった趣旨で立ち上げたもので、要するに自分用のリンク集です。
こうすることで放置気味のブログをどうにかしたいと企んでいるのですが、どうなることやら。
これまでの経験上、ここともう一か所(何処かは敢えて書かない)の更新頻度が高くなりそうな予感ですが、実際にはどうなることやら。
何れにせよ、気持ちを切り替えてブログを続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。


ところで、後先考えずに思いつきで行動しちゃう私って本当は何タイプなんでしょう?(苦笑)
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Archives
Recent Trackbacks
Recommend
魔女狩り (岩波新書)
魔女狩り (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
森島 恒雄
今一度読み直そうと思いまして。
或る意味、私の原点です。
Recommend
進化の存在証明
進化の存在証明 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス,Richard Dawkins
やはり書店で一目惚れ!
ユングとドーキンス、どちらを選ぶかで散々悩んだ挙げ句、二冊とも購入。
こちらから先に読むべきだったかも。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

書店で一目惚れ!
ただ、難解過ぎてなかなかページが進まない…。
Recommend
利己的な遺伝子 <増補新装版>
利己的な遺伝子 <増補新装版> (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス
旧版は既に持っていましたが、書店で見かけた際に迷わず購入。
でも、まだ読んでいない…(^^ゞ
Recommend
利己的な遺伝子
利己的な遺伝子 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス 日高 敏隆 岸 由二 羽田 節子 垂水 雄二
文系の私には理解出来ない部分も多々ありますが、それでも楽しめた一冊でした。
現在は絶版のようです。
Profile
Links
Other
Sponsored Link