言葉に拘るなら、それなりの言動を。

一面識もない旦那の名前を、旧友たちに呼び捨てにされたことがある。 それも本来とは異なる呼び方で。 仮に旦那の名前を「雅紀」とする。 通常であれば「まさき」と読めるが、旧友たちは違った。 何故か「がき」と読んだのだ。 本人たちは親しみを込めて呼んだつもりだろうが、少なくとも旦那は彼らの友人ではない。 結婚披露宴に出席した訳でもなく、その後会う機会があった訳でもなく。 それこそ写真でしか見たことのない相手に対し、いきなり「がき」と呼び捨てにするから内心呆れてしまった。 仮に抗議をしたところで「冗談も通じないの?」と返されるのがオチ。 だったらその場は言葉を呑み込み、静かに距離を置くのが妥当というものだろう。 事実、あの日以来彼らとは会っていないし、こちらから連絡を取る予定もない。 ところで、そのうちの一人にこんなエピソードがあったことをふと思い出した。 それは軽い気持ちで「あんた」と呼びかけた時のこと。 その人にとって「あんた」と呼びかけられることは「人格そのものを馬鹿にされる」ことに等しかったようで。 「あんたにあんたと言われる筋合いはないよ、あんた!」と強い口調で言い返されたのだ。 勿論、こちらにそうした意図はない。 他人に対して「あなた」と呼びかける時と同じニュアンスで「あんた」と呼びかけたに過ぎない。(寧ろ「あんた」の方が親しみがこもっている) けれど、そういう捉え方をする人もいるのだ…と解釈し、努めてその人の前では使わないよう努力をしていた。 他にも見知らぬ子供の前で「おばちゃんはねぇ…」と呼びかけただけで、「親戚でもないのに“おばちゃん”はおかしい」といちゃもんをつけられたことも。 内心「そこまで言わなくても…」と思ったことを覚えている。 ここまで言葉に拘る癖に、見ず知らずの相手を平気で呼び捨てにする。 疎遠にしたのは正解だった、と心の底から思う私であった。

社交辞令は嫌いです。

疎遠になっていた幼馴染から年賀状が届く。
それも三が日を過ぎてから。
こちらからは一切出していないので、きっと気紛れだったのだろう。
それはともかく、疎遠だった幼馴染は私との交流を望んでいたらしい。
それとて一時の気紛れなんだろうが、少なくとも「LINEのI.D.を教えてください」と記していたのは事実。
今更話すことなどなかったけど、取り敢えず教えましたよ。
年賀状の返信に添えて。
でもね、1週間が過ぎても友達になっていないんですよ。
登録されていないんですよ。
私、短気でね。
そういうのって駄目なんですよ。
で、検索不可に設定しました。
だって、必要ないんでしょ?
あちらのミスでI.D.が流出する可能性もある訳だし、だったら検索不可ですよ。
一応メアド(アカウント部分のみ)は伝えてあるし、キャリアも教えたので、本気だったらメールしてくるでしょう。
未だ反応がないというのは社交辞令に過ぎなかったから。
そう解釈しても構わないよね?


因みに、やはり疎遠だった男の子友達は自らアドレスを伝えてくれました。
こちらからメールを送る形でアドレスは伝えましたよ。
これからも繋がっていたい相手ですので。

コレは使えない?

昨日デコメーラーから久々の更新を行なったが、どういうわけか今日は全く立ち上がらない。
iPhoneのアップデートがあったせいでもあるが、何度試みても立ち上がらないのだ。
ま、アプリを使えば更新出来るし、デフォルトのメーラーもある。
ということで、あっさり削除。
スッキリしましたわ。

デコメーラーから投稿してみた

そういえばデコメーラーを使っていたな。
ふとそんなことを思い出して、アプリストアを検索。
はい、インストールしていました。
で、ブログ投稿がどうだったかわからなくて、テスト投稿。
削除もせずに、この文章です。
長いこと放置していたけど、くだらないことを投稿するには丁度良いので、たまには何か打ち込もう。
ま、誰も読んでいないだろうしね。

そのお金で出来ること

世の中にはお金に余裕がある人がいふもので。
例えば全国ツアーが開催されたらその全てのチケットを購入する強者が存在するわけで。
行きたくても行けない。
入手したくとも出来ないファンにとっては張り倒したいくらい腹立たしい行為なのだが、私も年齢を重ねたせいか、そのこと自体に憤りを感じなくなってきた。
というか、そのお金何処から出るの?
日々働いて稼いだお金?
それとも不労所得?
株やFXで稼いだお金なら好きに使えばいい。
賛否はあるだろうけど、どうぞ社会に貢献してください、と。
でも、地道に働いたお金だとしたらちょっと侘しくない?
そりゃライブは魅力的だし、何度見ても楽しいでしょう。
全国各地でお金を落とすならば、地域にも貢献しているでしょう。
そのこと自体は悪くないけど、他に使い方があるとちゃうかな?
将来に備えて…とは言わないけど、建設的な使い方が存在する筈だが。


…だから、馬鹿にされるのよね。


そのこと自体を恥じる気持ちが欠けているなら、それはそれで良い。
わかりあえるとは思わないし、わかりあいたいとも思わない。
軽蔑、ですね。
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Archives
Recent Trackbacks
Recommend
魔女狩り (岩波新書)
魔女狩り (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
森島 恒雄
今一度読み直そうと思いまして。
或る意味、私の原点です。
Recommend
進化の存在証明
進化の存在証明 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス,Richard Dawkins
やはり書店で一目惚れ!
ユングとドーキンス、どちらを選ぶかで散々悩んだ挙げ句、二冊とも購入。
こちらから先に読むべきだったかも。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

書店で一目惚れ!
ただ、難解過ぎてなかなかページが進まない…。
Recommend
利己的な遺伝子 <増補新装版>
利己的な遺伝子 <増補新装版> (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス
旧版は既に持っていましたが、書店で見かけた際に迷わず購入。
でも、まだ読んでいない…(^^ゞ
Recommend
利己的な遺伝子
利己的な遺伝子 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス 日高 敏隆 岸 由二 羽田 節子 垂水 雄二
文系の私には理解出来ない部分も多々ありますが、それでも楽しめた一冊でした。
現在は絶版のようです。
Profile
Links
Other
Sponsored Link